プロフィール
ちゅんこ
  • 作者:ちゅんこ
  • 2008.5.2生まれ
    トイプードルのしし丸(オス)
    アプリコット

    2010.2.27生まれ
    トイプードルの都兎(メス)
    ホワイト

    のぐだぐだ日記です。

    いつも来て下さる方、たまたま辿りついちゃった方、ご訪問ありがとうございます。
    アホな記事が多いですが、暇つぶしにでも楽しんで頂ければ幸いです。

    コメントはお気軽にツッこんで下さると嬉しいです。
    目を通して下さるだけでも十分嬉しいので、ご多忙&ツッこみ所がないときはスルーで次の素敵なサイトさまに行かれて下さいね。


    しし丸&都兎とお友達になってくれる方も大募集中です!
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2010/04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
探しています

    11月5日に、千葉県銚子市の自宅から 白いプードルのココちゃんが盗難にあったそうです。 よろしければリンク・捜索のご協力をお願いします。


    神奈川県相模原市のペットショップの店頭での誘拐事件。 ふらんそわ君を捜しています。 よろしければリンク・捜索のご協力をお願いします。 HPはこちら
だがね会
肉球ベア友の会
キミ撮
    犬の撮影とフォトブックをセットにして、とびきりの笑顔と可愛さをぎゅっと詰め込んで形にします!



素敵SHOP
東日本大震災のチャリティーローズ「絆」


    麻呂犬写真館の麻呂さんが名づけ親のバラちゃまです
DTIブログ!

みんなの新着記事

Search

今までありがとう

ずっとご無沙汰で申し訳ありません。
先週末からずっとバタバタしいていてしっちゃかめっちゃかでした。
コメント返しもご訪問も全然できていなくて本当申し訳ありません。


本来なら別の記事をアップすべく準備していたのですが…


5日の今朝小雪さんが亡くなりました。


4日の夜もちゃんとご飯も食べて寝に行ったのですが
5日の昼になっても起きてこない…。(そういうこともたまにあるのです)
丁度父ちゃんが昼ご飯を食べに帰ってきて

「小雪ご飯食べた?」

っていうもんだから、そういえば起きてきてないと思い
タオルにもぐっていたので触ってみたらすでに亡くなっていました。


いつも寝ている姿そのままでした。


丸まって目を閉じて…
今にもスピーって鼻息が聞こえてきそうな…


最後にお腹いっぱいご飯を食べて腹ごしらえをすまし、
彼女は眠っているうちに旅立っていきました。


最近ずっと調子もよくてご飯ももりもり食べていたし、
ここ数年遊びもしなかったピープーおもちゃを何日か前から
ふとした瞬間鳴らしにいってみたり…。

もしかしたら「私の宝物はここにあるふぇからね」っていってたのかな?

先週金曜日からぽにょがうちに泊まりにきていたり
土曜日も友人の結婚式があったりとバタバタした中
小雪はもしかしたら旅立つのを一生懸命待っていてくれたのかも。

月曜日にぽにょが帰る寸前に気がついたので、
Pままさんには申し訳ないことをしたのですが、電話口で一緒に泣いてくれたPままさん。

「私が帰るの待っててくれたのかな?
 だっていないときに旅立っていったら、ぽにょもいるしちゅんこちゃんが困ると思ったんだよ。」

ってまた泣けることをいってくれました。



このブログを始めたころにはすでに小雪さんは5歳近かったし、
当時は携帯カメラでしか撮影していなかったのですが、
ミクシを始めた頃…まだ小雪さんが1歳にもなっていないころで
最初の日記からさかのぼって小雪さんの足跡を集めてみました。

普段は滅多にこのブログに登場しない小雪さんですが…
どうか今日だけは小雪さんのこと、語らせてやってください。


小雪さんの話をするには最初にいたフェレのさすけのことから始めないといけないのです。
お時間のある方、長くなるかと思いますがどうぞお付き合いください。


最初のフェレをお迎えしたのは2004年の1月のこと。
マーシャルフェレットのパンダブレイズというカラーで「さすけ」という男の子のフェレをお迎えしました。

フェレのメジャーなカラーはあらいぐまのようなセーブルという色の子なのですが、
当時たまたま見つけたフェレメインで扱っている専門店があり見に行ったところ
父ちゃんが気に入った子がいて、そのままお迎えしました。

名前は父ちゃんの愛読するバス釣り雑誌にのっていた名前からとったんです(笑)

そして一匹では可哀想かなってことでその1ヶ月後、同じお店でお迎えしたのが小雪です。

散々悩んでお店の人にも相談したら「最初男の子なら次は女の子が性格的にも無難ですよ」
ってことで、いっぱいいるベビフェレが遊んでいるところでどの子にしようか見ていたところ
みんながワーキャー遊んでいる中、一匹だけぼけーっとしているフェレがいたのです。

それが小雪でした。

あまりに大人しかったので、大丈夫か?って思いましたが
手の上で丸まって寝る姿にキュンときて、ワクチンが終わるのを待ってお迎えすることにしました。

お迎えの当日、小雪がちらついていたのと色がシャンパンだったのでそのまま「小雪」となりました。

しかし連れて帰った次の日、ケージをのぞくと小雪がいない!
どこいったと探しまくったら父ちゃんのフリースの中で寝ていました。
何と彼女はケージをすり抜けて脱出するという荒技をやってのけていたのです。

大人しすぎて大丈夫かと心配したのもつかの間、
実は非常に豪快な性格の持ち主だったというのはお迎えしてから分かったことでした(笑)

さすけはとっても温厚で人なつこい子で、小雪ともすぐにうち解けて本当に仲良くしていました。



さすけは抱っこが大好きで人のそばでも平気で寝る子でした。
もちろん小雪とも仲良しで、いつも一緒にくっついて寝ていました。
フェレは元々群れで行動する動物ではないのですが、
さすけと小雪は本当の兄弟のように仲がよかったのです。



しかしちゅんこが数年前に一時体調を壊し、お友達の家で預かってもらってすぐ
さすけが「肺気腫」という病気(ガン)にかかりました。
さすがに病気の子を預けてはおけないということで、お迎えにいって治療に専念しました。

毎週の抗ガン剤の投与…。

最初は効いていたのですが、だんだん副作用だけ残り顔はムーンフェイスになり…
最後は本当に可哀想な状態にしてしまいました。

さすけは結局3ヶ月の闘病生活の後、3歳半という短い生涯を終えたのですが、
亡くなった瞬間も小雪はさすけと一緒に寝ていました。

フェレって獣医の先生曰くとても情のある動物で、
一緒にいたフェレが亡くなってしまって残ったフェレがそのままご飯を食べなくなって亡くなる子もいる
という話を聞いたことがあり、さすけがいなくなってしまったら小雪は大丈夫かと心配しました。

ですが小雪はそのまま生きていくことを選びました。

この後しし丸が来るまでの約2年、一人で遊ぶことなく寝ている時間も増える毎日を送っていました。

しし丸が来てからは…
きっと小雪にとっては迷惑な日々だったのかもしれません。



パピー時代のしし丸と小雪です。
そりゃ遊んで遊んでってかまうもんだから、小雪もバトルする時間がふえ
さすけと遊んでいるときのように活動する時間が増えました。
最後まで一緒に仲良く寝るってことがありませんでしたが、
惜しいところまではいったんですよ。

そしてそこから約2年の日々が過ぎていきました。

ずっとマイペースで人に媚びない性格でしたが
どんな相手でも決して自分から攻撃することはない、とても温厚で優しい子でした。



よく私の布団で寝ていて踏んづけそうになったことも多々あって
いつも「小雪布団にいる?」って会話を父ちゃんとしていました。
それももう言えないんだね。



しし丸が凹んでいるときに「ふんふん」って様子みにきたり、
散々しし丸にいじめられているのにちゃんとあま噛みで応戦したり…。
でもたまにしし丸がうざくて
「シーッシャ!」って小さい声で叫んでいたけど 全く効かなかったもんね。




何よりフェレの中でもひときわ小さい体だったのに、
6歳3ヶ月という寿命を病気せずに全うしてくれたことに感謝します。

こうやって思い出しながら記事を書いていると勝手に涙がでてきますが
これは悲しみの涙ではなくありがとうの涙です。

本当に本当に家にきてくれてありがとう。
あなたの人生(フェレ生)を共にすごせたこと、私はとても幸せでした。

今頃さすけと合流してるかな?
虹の橋にものびのびチューブがありますように…。
日記 |  コメント:16  |  トラックバック(-)
TOP